« 唐箕:仕上げ | トップページ | お茶の特別な日 »

2009年5月 2日 (土)

火入れ:仕上げ

Ca370046
予約新茶B:伝統品質の仕上げです。
仕上げで、最も重要で難しいのは「火入れ」です。

Ca370047
「今年のお茶は火が入りすぎる」とか「火が戻ってしまう」とか毎年悩みます。お茶自体の条件と気温や湿度などの条件が複雑に関係しているようです。
出来立てだけでなく後々の変化まで思いを致し、やり直しがきかない一発勝負という作業です。
判断は香りですが、気休めで放射温度計なども使ってみます。横山式(回転ドラム式)火入れ機です。
Ca370048
火入れをしたお茶は、蒸れないように冷却機を通して、再び唐箕に掛けます。
この後は、同様にして別に作った他の産地のお茶と「合組」(ごうぐみ:ブレンド)して、袋詰めで完成です。
お約束の5月5日まで今暫くお待ちください!

|

« 唐箕:仕上げ | トップページ | お茶の特別な日 »

日本茶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537688/44868445

この記事へのトラックバック一覧です: 火入れ:仕上げ:

« 唐箕:仕上げ | トップページ | お茶の特別な日 »