« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

『BRUTUS』、「茶師」顕彰の意義

「茶師」が話題になっていますが、お茶屋としてたいへんありがたいことです。
たぶん「きっかけは♪NHKテレビ♪」!
昨年放送された「プロフェッショナル仕事の流儀 第5期 茶師 前田文男の仕事 一葉入魂~本分を尽くす」でしょう。DVDにもなっていますね!前田さんは男前だし、人柄も抜群で、その意味でも第一人者にふさわしい方です。
『BRUTUS』さんの「茶師○段」の語句は、変な造語ですが、責任は私にあるかもしれません。
同誌の企画の中で高段者の合組したお茶を用意して欲しいとの依頼がありました。当店からは私と弟が別個にとのことでしたので、区別のため「茶師十段之茶泰成・拓朗」としました。ここで「茶師十段」を使いました。
仮に私に責任があるとして言い訳をします。ここでの「茶師」の意味は、単に「お茶屋」の気取った表現程度の意味です。本来ならば、「茶師」と「十段」の間に「利き茶」とか「茶審査技術」などが入るのですが、ネーミングになりませんので。
ところで、茶師の意味について少し掘り下げてみます。現代一般的には、静岡ではお茶を手揉み製造する技術者を指します。京都では茶業従事者全体を指すようで、静岡のそれに相当する用語には「焙炉(ほいろ)師」があります。
歴史的には、管見では、江戸時代の初期に御茶壷道中が制度化され「御茶師」の用語が見えます。ここでの茶師は、上林家、森家など、茶の栽培・製造・販売事業の経営者を意味します。彼らは、独占的な諸特権と将軍家や禁裏との関わりから、明治維新には士族に列することを願い出たそうです。
その他、卑近な例では「茶師、香具師(やし)、護摩の灰(ごまのはい)」や「茶師か香具師かペテン師か」などの用例からは、商人に限定されるものもあります。また、「狭山茶造り歌」の中には「御茶師が帰る」のフレーズがあり、酒造りの杜氏のような茶の手揉み製造の技術をもつ季節労働者を指しています。

続きを読む "『BRUTUS』、「茶師」顕彰の意義"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

妖艶な芳香

Ca3c0079
妖艶な芳香、蓮華に似た姿、たいさん‐ぼく【泰山木】の花です。
この花が春先に咲くモクレンの仲間とは意外です。原産地が北米南東部と言うのも。
ふと、小学生の頃、習字の先生がこの花の芯を筆に見立てておられたのが思い出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

本日かき氷はお休みです。

折からのカキ氷日和ではございますが、本日6月26日(金)は都合により休ませていただきます。まことにご迷惑をおかけして申し訳ございません。
皆さまくれぐれも熱中症にはご注意くださいませ。
なお、かき氷の営業日の確認はこちらをご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

今晩の下北沢

Ca3c00690001

Ca3c0069
下北沢の夜空には、ひときわ高いクレーンがそびえていました。
シールドトンネルの新下北沢駅ホームへの縦坑ができるあたりです。
着々と工事は進み、ある日突然のように地下鉄になるのでしょう。
地元の私たちも、工事と同じように今すべきこととできることをコツコツと、しかも希望を持って積み重ね行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

かき氷、本日営業開始です!

お待たせしました!
しもきた茶苑大山のかき氷、本日午後2時より開店です。

なお、詳しい情報は喫茶室専用ブログ「日本茶とかき氷と」よりご確認ください。
ブログはここです。

| | コメント (2)

2009年6月16日 (火)

おいしいお茶の教科書。

Ca3c0045
BRUTUS 本屋さんの店先?
Ca3c0046
どっこい当店です。
Ca3c0049
BRUTUSさんが載せてくれました!感謝!
Ca3c0048
記事中の茶師十段之茶「泰成」「拓朗」両バージョン販売しております。
インターネットショッピングモール「せたがや市」からもお買い求めいただけます!
茶師十段之茶「泰成」はこちら
茶師十段之茶「拓朗」はこちら
よろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

常滑焼のサラブレッド 山田 想 個展

Img_0001

Img_0002
山田想氏の個展が銀座黒田陶苑さんで6月20日(土)から開催されます。
山田氏とはコミックモーニング『へうげもの』繋がりです。ト・コヲシケ2009〜へうげ十作「今焼」展でお目にかかりました。
急須の茶濾しにこだわっておられるそうで、本体に直に穴を抜いたものです。陶製の茶濾しですが、いわゆる「でべそ」ではありません。
「お茶屋さんとして、この手の急須は使い勝手が悪いですか」と質問されました。
私の店では「山のお茶」が好きでこだわりを持っています。本来の山のお茶は普通蒸しです。山のお茶を楽しむにはむしろこのような急須こそが必要です。とお答えしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

汐留、東京茶業会館界隈

Ca3c0031
東京茶業会館は、汐留西側地区のヴィータ・イタリア(所謂イタリア街区)にあります。東側が日本テレビ、電通などの超高層が立ち並ぶのに対して中層の街です。
街のコンセプトに合わせて石材などもイタリアから取り寄せたりしたそうです。
Ca3c0029

Ca3c0030

Ca3c0028
この建物の壁には、アンモナイトなどの化石が多く含まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

全国大会選手選考会

Ca3c0025
今日6月14日(日)汐留にある東京茶業会館で、全国茶審査技術競技大会の東京都代表選手選考会が行わました。

続きを読む "全国大会選手選考会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

無印さん、オープンは?

Ca3c0019
無印良品さんのオープン、皆さんの関心が高いようです。
6月26日(金)「新しく生まれ変わります。」だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

祝初陣、日本茶インストラクター

Ca3c0006
姫之湯製茶工場(静岡県伊豆市)山下さんが勉強にお見えです。
地元の生涯学習講座で日本茶インストラクターデビューされるに当たって、準備万端を期すためだそうです。
山下さんは、日本茶インストラクターの受験で難関の一次(筆記)試験を合格するも、二次(実技)試験は惜しくも届かず、資格を取得すべく更なるスキルアップのため一念発起され、当店へメールを送ってこられました。それ以来、拓朗(弟)がお世話させていただいております。
この春めでたく、日本茶インストラクター10期生となられました!素晴らしい!
早くも日本茶インストラクターデビューです。頑張ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

予約新茶C、有機栽培「春野の茶」

Ooyama_2969_pc_detail
お待たせしております。
予約新茶C、有機栽培「春野の茶」のお引渡しは、来週6月15日(月)以降になりそうです。
御予約のお客様へは、ハガキにてご案内をさしあげます。発送をご指定のお客様へは直接お送りいたします。
生産農家の鈴木さんからはまずまずのできとのことです。
有機栽培は袋詰め作業にいたるまで法律(有機JAS法)の基準を満たした加工場で、厳重なチェックのもと行われます。ちなみに袋詰め工賃も、認証のための費用や繁雑な作業のため2~3倍高くなります。また、新茶の最盛期は工場もフル操業になりますので、通常栽培のお茶が混ざらないように後回しになってしまいます。
いつも申し上げておりますが、有機栽培農家が成り立って行けるか否かは、消費者の皆様のコストへの理解に掛かっております。
鈴木さんの高品質な有機栽培茶「春野の茶」、いま暫くお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サムライブルー、下北沢

Ca3c0146

Ca3c0147

Ca3c0148

Ca3c0149

Ca3c0150
サッカー日本代表、ワールドカップ出場決定おめでとうございます!
日付が変わりましたが、
サムライブルーならぬ「しもきたブルー」のビブスを着たサポーターも、6月7日(日)炎天下のしもきた商店街(下北沢駅北口)で活躍してくれました!
彼、彼女等は武蔵野大学の学生さんです。泉先生の指導の下、インターンシップで当商店街をサポートしてくれています。皆さんアンケートは初めてだそうで、「心が折れそう」になりながらも夜まで頑張って百数十もの回答を集めてくれました。
一言にアンケートと言っても、下北沢では至難の業です。4月の入学シーズンや、8月お盆休みの頃には、他の地域からのお越しの若者をカモル悪い輩も見かけます。比較的地元の方が多いこの時期は、うさん臭く扱われるのは想像に難くありません。しもきたブルーのビブスもそれを案じて急遽作りました。
サポーターの皆さんご苦労さまでした。そしてアンケートにお答えくださった皆様、ありがとうございました。他ならぬ皆様方も「しもきたサポーター」です。
これらの成果は、都市計画事業を間近に控える下北沢の現在から将来にわたり、住民やお客様本位の街として必ずや役立てて参ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

熟成、玉露1

Ca3c001000010001
ほこりのような白いものは、カフェインと思われます。
素人考えですが、熟成とはこんなこととも関連があるのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自信を持って一杯を

日付が変わってしまいましたが、昨日は「セレモニーレディ」さんたちの勉強会にお邪魔しました。「自信を持って一杯を!」はそのテーマです。
セレモニーレディさんとは式典のプロフェッショナルです。司会や誘導をはじめ、湯茶接待などをプロの仕事とされる方々です。
セレモニーレディの名付け親たる草分け企業「ブラウニー」様とはお茶のお客様として長いご縁ですが、勉強会の講師は4年前に初めてお呼びいただいてから今回で3度目になります。
毎回感じることですが、皆さん容姿はもちろんマナーや機転の良さ、熱心な勉強態度などたいへん素晴らしい!湯茶接待に関しても日頃からマニュアルを超えてお一人お一人が創意工夫の努力をされていることがわかります。私の講義など「釈迦に説法」のような気もします。
今回の私にできることは、日本茶の専門家として彼女たちの努力を正当に評価し、自信を持ってもらうこと、即ち「自信を持って一杯を!」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »