日記・コラム・つぶやき

2009年12月 7日 (月)

『へうげもの』メディア芸術祭で優秀賞

『へうげもの』平成21年度[第13回]文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を受賞しました!
おめでとうございます。まずもって我がことのようにうれしいです。

担当者殿は二番手と謙遜されますが、それは審査員各位が「マンガの枠に収まりきらん!」との粋な計らいをされたと解釈いたします!
マンガ部門だけで「優秀賞」ですから…

今や『へうげもの』の魅力たるや芸術や工芸など様々な分野に刺激を与え始めています。
眠れる「ものづくり日本」をくすぐり新たな何かを創造してくれるようでワクワクします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

お茶農家との連携

Img20090914001
『中日新聞』静岡版、2009年8月14日朝刊
当店にとって「お茶産地」は単に商品を仕入れる場所ではありません。
お茶栽培農家との交流を大切にし、消費地のお客様の声をお伝えする努力を続けています。

続きを読む "お茶農家との連携"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

『BRUTUS』、「茶師」顕彰の意義

「茶師」が話題になっていますが、お茶屋としてたいへんありがたいことです。
たぶん「きっかけは♪NHKテレビ♪」!
昨年放送された「プロフェッショナル仕事の流儀 第5期 茶師 前田文男の仕事 一葉入魂~本分を尽くす」でしょう。DVDにもなっていますね!前田さんは男前だし、人柄も抜群で、その意味でも第一人者にふさわしい方です。
『BRUTUS』さんの「茶師○段」の語句は、変な造語ですが、責任は私にあるかもしれません。
同誌の企画の中で高段者の合組したお茶を用意して欲しいとの依頼がありました。当店からは私と弟が別個にとのことでしたので、区別のため「茶師十段之茶泰成・拓朗」としました。ここで「茶師十段」を使いました。
仮に私に責任があるとして言い訳をします。ここでの「茶師」の意味は、単に「お茶屋」の気取った表現程度の意味です。本来ならば、「茶師」と「十段」の間に「利き茶」とか「茶審査技術」などが入るのですが、ネーミングになりませんので。
ところで、茶師の意味について少し掘り下げてみます。現代一般的には、静岡ではお茶を手揉み製造する技術者を指します。京都では茶業従事者全体を指すようで、静岡のそれに相当する用語には「焙炉(ほいろ)師」があります。
歴史的には、管見では、江戸時代の初期に御茶壷道中が制度化され「御茶師」の用語が見えます。ここでの茶師は、上林家、森家など、茶の栽培・製造・販売事業の経営者を意味します。彼らは、独占的な諸特権と将軍家や禁裏との関わりから、明治維新には士族に列することを願い出たそうです。
その他、卑近な例では「茶師、香具師(やし)、護摩の灰(ごまのはい)」や「茶師か香具師かペテン師か」などの用例からは、商人に限定されるものもあります。また、「狭山茶造り歌」の中には「御茶師が帰る」のフレーズがあり、酒造りの杜氏のような茶の手揉み製造の技術をもつ季節労働者を指しています。

続きを読む "『BRUTUS』、「茶師」顕彰の意義"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

ゴミ持ち帰り、35年

Ca370098
さすがはミシュラン三ツ星の観光地!
でも…あったと思います。私の遠足の思い出には…
ということは…
あってます。あの頃の私より我が子の方がずっと年上なんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆとり栽培」のお茶

Img_0003s1_3
良知さんが「ゆとり栽培」で育てたお茶を近日販売開始いたします。荒茶をほんの少しだけですが分けていただき、自分で手仕上げをしました。
「ゆとり栽培」とは、昨年お茶どころ静岡の新聞に「“非常識”から活路」、「常識破り“放任”茶園」、「放任管理で高品質茶」の見出しで取り上げられ話題となったお茶の栽培方法です。

続きを読む "「ゆとり栽培」のお茶"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

新茶の種類が増えました!

Ca370081

Ca3700760001
100g2,100円が、静岡産ストレートと静岡・鹿児島産ブレンドの中蒸し煎茶2種類を追加。
Ca3700780001
同1,575円が、静岡産ストレートの中蒸し煎茶1種類を追加。
同1,260円が、鹿児島産ストレートの深蒸し煎茶を1種類追加。
Ca370080
同1,050円が、鹿児島産ストレート普通蒸し煎茶を1種類追加です。なお、前口の同1,050円鹿児島産ストレート深蒸し煎茶は残りわずかとなりました。お気に入りいただけたお客様はお早めにお買い求めください。

続きを読む "新茶の種類が増えました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫蘭

Ca3700620001
シランの花、よく見ると怖い!エイリアンに見えませんか?
新茶の季節、山では藤の花が印象的です。街でも紫蘭、桐など紫色の花を多く見掛けます。

続きを読む "紫蘭"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

お茶の特別な日

八十八夜
立春から数えて88日目の今日摘み取られたお茶は、特別なお茶として珍重されます。
実際には、今日摘み取られたお茶が競りに掛けられるのは明日の朝、加工されて都内の店先に並ぶのは早くて3日後くらいでしょう。
正直言って、静岡では品評会出品茶や手摘みの「稀もの」と呼ばれる高品質なお茶は、これ以前に摘まれます。温暖な鹿児島などはもっと早く、一番茶の摘み取り自体が終了しています。今年は静岡でも八十八夜前に終了した農家も結構あるようです。
お客様には、八十八夜にこだわらずとも、美味しい新茶をお召し上がりいただきたいと思います。
割高や偽装とは無縁な美味しい新茶をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

防犯カメラ:下北沢

Ca3700780001
苦労して付けた防犯カメラですが、あまり活躍するのは、ありがたくありません。
今年度は、下北沢だけでも更に20台以上設置との噂…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

やっぱり玉電

Ca3700540001
毎度のことですが、東急世田谷線て呼び方は、
よそよそしい感じがします。
私にとっては、やっぱり玉電!
ここは、三軒茶屋駅。
そういえば、最近の「さんげんじゃや」の発音も違和感があります。
「じゃ」にストレスがありますが、元々は「さん・げん」だったと思います。
俳優の古谷一行さんの歌では、ちゃんと発音されていたと思います。
街は、発音すらも変化して行くんですね。
さて下北沢は、なんて発音されるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)