書籍・雑誌

2011年2月24日 (木)

『日本茶の基本』掲載記念【送料無料】「茶師十段之茶 泰成・拓朗、春野の茶」三種飲み比べ&書籍:日本茶の基本(桜皮細工茶箕1個プレゼント付) #shimokita_chaen

Ooyama_11068_pc_detail

エイ出版社発行『究極の手土産』&『日本茶の基本』掲載記念!

茶師十段之茶 泰成・拓朗、春野の茶の三種飲み比べに
当店が日本茶の解説が30ページ掲載されているエイ出版社発行「日本茶の基本」をセットにして限定販売!【箱入り】

掲載記念特典
送料無料でお届け!
●桜皮細工茶箕(ちゃみ)1個プレゼント!

Ooyama_11068_item5

お茶好きのあの方へ個性的で上質なお茶はいかがですか?

ご注文はこちらです!
http://www.setagaya-1.com/ooyama/_pc/?f=detail_goods&goods=11068

茶師十段が吟味したブレンド「茶師十段之茶」と鈴木さんの作った有機栽培のストレート「春野の茶」、違いをお茶をお楽しみいただき、さらに日本茶の基本を読みながら、日本茶をさらに知って美味しくお召し上がりください!

箱入りなのでご贈答用にぜひどうぞ。

|

2011年2月14日 (月)

書籍版『日本茶の基本』発売中です! #shimokita_chaen

02041048_4d4b5af9316a7

書籍版『日本茶の基本』発売中です。
エイ出版社、2011.2.8発売、A5、128ページ、¥580 (税込)
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=14848

ムック版に比べより充実した内容かつお手頃価格です。

|

2010年12月24日 (金)

本日発売の『究極の手みやげ』に掲載されました! #shimokita_chaen

12221210_4d116c2d56c84

本日(2010年12月24日)発売の『究極の手みやげ』エイ出版社に掲載されました!
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=14767
「大正解の手みやげ Best 80+30」(「選んで良かった!」 東京中から絶品を集めました)に当店の「茶師十段之茶 泰成・拓朗」が選ばれました。
ありがとうございます!文字通りお喜びいただけますようより一層の吟味と品質管理に努力してまいります。

「茶師十段之茶 泰成・拓朗」はこちらをご覧ください。
http://homepage3.nifty.com/oyama-chaen/sub16.html

お得な「茶師十段之茶」と「有機栽培 春野の茶」の飲み比べセットはこちらです。
http://shimokita-chaen.tea-nifty.com/blog/2010/12/shimokita_chaen.html

インターネット商店街「せたがや市」からお買い求めいただけます。
http://www.setagaya-1.com/ooyama/_pc/

|

2010年10月11日 (月)

日本茶の理解に欠かせぬオススメの一冊です!

Yoichironakamura

中村羊一郎『中村羊一郎のお茶しませんか』羽衣出版、2010年9月。
■四六判・ソフトカバー・306頁・1,500円(税込)
■ISBN978-4-938138-86-8
http://www18.ocn.ne.jp/~hagoromo/catalog-rekishi-minzoku.html#Anchor76

 中村羊一郎先生は、私の恩師のお一人です。もっとも40歳を越えて、それもたった数時間の講義とその後のレポートをご指導いただいたに過ぎません。しかしながら、学生時代歴史に関わりながらも茶の歴史にはほとんど興味のなかった私にとても大きな影響を与えてくださいました。一人でも多くの方々に日本茶の魅力に気付いていただけることを願ってご紹介いたします。かつての私の様に。(大山泰成)

|

2010年4月28日 (水)

『今、知っておきたい 日本茶の基本』発売!

04231853_4bd16e213953e_2

『今、知っておきたい 日本茶の基本』枻(えい)出版さんから昨日4/27発行されました!

枻出版さんのショッピングサイトからお買い上げいただけます。
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=13992
「ご好評につき、2010年6月30日(水)午後3時まで、送料無料キャンペーン」だそうです!
ちと高い本ですが、大山拓朗(弟)が熱心に取材協力したものです。カメラマンさんの高い技術と熱意はもちろんのことですが、お茶のクオリティーもなかなかと、自我自賛でございますw
好評だったBRUTUS665「おいしいお茶の教科書。」よもう一度!
即行品切れをお祈りします!

ところで、枻出版さんのサイトにある「お詫びと訂正」は細やかな心遣いに感じ入ります。

|

2010年3月30日 (火)

『partner』誌に掲載されました

『Partner』に掲載されました

『Partner』に掲載されました

『Partner』に掲載されました

三菱UFJニコス(クレジットカード)さんの情報誌『partner』(パートナー)に掲載されました。
お客様のありがたい反応にびっくりしております。「出てたわよ!」と同誌をご持参くださる方までいらっしゃいます。
ありがとうございます!
購読者層が極めて高いんですね。取材前にいただいた見本誌もクオリティが高く、広報誌にしては凄いと思っていたしたが…
うかつにも、ついさっき気が付きました。編集長はなんと石川次郎さんなんですね!驚きました。失礼いたしました。

ところで、最近の電鉄会社さんのフリーペーパーもクオリティが高いですね。人気があって、駅置きは2日間くらいでなくなってしまいます。善し悪しは別にして、雑誌の休廃刊が多いのもわからなくもないですね。もっとも『partner』はゴールド会員以外は有料ですが。

同誌の表紙の使い込まれた「拝見盆」(黒いお盆)は当店のです。お茶は、誌面のキャプションにある「3種の茶葉を合組した煎茶」です。急須は、お問い合わせが多いのですが、申し訳ございません、非売品です。常滑焼で「木仙」作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

MEGYUWAZO~へうげものin柳橋&代官山~

Img_0002
新年早々大『読売新聞』の元日特別版を飾った!
われらが『へうげもの』第十服刊行記念のイベントが
柳橋:1月23日(土)~29日(金)
代官山:1月23日(土)~2月5日(金) 2月7日(日)
開催されます。
Img_0001
詳しくはモーニング公式サイトへうげものofficialブログをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月28日 (水)

世田谷茶の記憶

Ca3c0085_2
お茶の花の季節ですね。管理の悪いお茶の樹ほど花がたくさん咲きます…
久しぶりに通りかかりました。
私が知る、世田谷区内で茶樹が一番多くある場所です。
以前『東京人』(6月号、2006年5月3日、No.228)の取材を受けた際にライターの野村麻里さんに紹介した場所の一つです。記事には同じくご紹介した島田製粉所さんが登場され貴重な体験談が載っています。


Ca3c0089_2
用途は生け垣で畦畔茶園タイプです。地内は以前は畑でしたが今は耕作されていないようです。
Ca3c0087_2
世田谷区西部、環状八号線周辺のこの地域は旧北多摩郡千歳村にあたり、昭和30年代までお茶が生産されていたそうです。茶樹も新しいのでしょうか。品種は交雑した株が見られるものの大きめの葉で基本的には「やぶきた」のようです。

これに対して、世田谷区北東部の当地旧荏原郡代田村・下北沢村の茶生産は大正時代には途絶えてしまったようですが、品質に関しては内国勧業博覧会で有功二等を2回受賞するなど優秀だったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

「SETAGAYAフードコレクション」商品のご案内その3

「SETAGAYAフードコレクション」、当店でお買い上げいただける商品をご案内いたします。
Ooyama_5051_pc_detail Ooyama_5050_pc_detail

20090701ooyamaphoto60002
『BRUTUS』『世田谷ライフ』でご紹介いただいた「茶師十段之茶 泰成・拓朗」もご用意してます。
20090701ooyamaphoto60003 20090701ooyamaphoto200
BRUTUS ブルータス 665号
(株)マガジンハウス
雑誌27751-7/1

20090910ooyamaphoto60002 20090910ooyamaphoto200
世田谷ライフ NO.30
株式会社枻出版社
ISBN978-4-7779-1414-2

■玉川タカシマヤ本館地階催会場 ■10月13日(火)まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

「madame FIGARO japon」 (フィガロ ジャポン) 2009年 9/5号に掲載されました。

20090905ooyamaphoto60002
「茶師がナビゲート、日本茶の味わい深い新世界へ。」大山拓朗(弟)

| | コメント (0) | トラックバック (0)