静岡

2010年10月11日 (月)

日本茶の理解に欠かせぬオススメの一冊です!

Yoichironakamura

中村羊一郎『中村羊一郎のお茶しませんか』羽衣出版、2010年9月。
■四六判・ソフトカバー・306頁・1,500円(税込)
■ISBN978-4-938138-86-8
http://www18.ocn.ne.jp/~hagoromo/catalog-rekishi-minzoku.html#Anchor76

 中村羊一郎先生は、私の恩師のお一人です。もっとも40歳を越えて、それもたった数時間の講義とその後のレポートをご指導いただいたに過ぎません。しかしながら、学生時代歴史に関わりながらも茶の歴史にはほとんど興味のなかった私にとても大きな影響を与えてくださいました。一人でも多くの方々に日本茶の魅力に気付いていただけることを願ってご紹介いたします。かつての私の様に。(大山泰成)

|

2010年10月 9日 (土)

贈り物にもふさわしい有機栽培茶 #shimokita_chaen

贈り物にもふさわしい有機栽培茶
 春野町、標高400~500mの高地(静岡県浜松市天竜区)で有機栽培に取り組む鈴木猛史さんご一家が作った「春野の茶」です。
 皆さまご存知のように、お茶の有機栽培というと品質の伴わぬものを多く見かけます。これは日本茶(緑茶)の特徴から、実験室ならいざ知らず、現実の栽培では避けがたいものがあります。ことに近年の異常気象の影響は深刻です。
 このような中、科学的根拠に裏付けされた鈴木さんの日々の努力と研究で、通常栽培にひけをとらない品質のお茶が生産されています。
 しもきた茶苑大山では、その新茶初期に生産される高品質なお茶を販売しております。お試しください。
 店頭はもちろんインターネット商店街「せたがや市」からもお求めいただけます。
http://www.setagaya-1.com/ooyama/_pc/?f=detail_goods&goods=2604

続きを読む "贈り物にもふさわしい有機栽培茶 #shimokita_chaen"

|

2010年10月 8日 (金)

「世界緑茶会議2010」で緑茶の未来を覗いてみませんか?

 今秋開催される「世界お茶まつり2010」。その中で「世界緑茶会議2010」(主催:(財)世界緑茶協会)を開催します。この会議では、世界のお茶文化と緑茶のこれからについて、各国の専門家が話し合います。

  事前申込がお得です。お早めにお申込みください。

【申込方法】
別紙申込書にご記入の上、10月20日(水)までに世界緑茶協会まで、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

詳しくは下記の世界緑茶協会ホームページをご覧下さい。
http://www.o-cha.net/japan/association/news/20100909.html

|

2010年8月12日 (木)

世界緑茶コンテスト2010

世界緑茶コンテスト2010
今年も世界緑茶コンテストの審査に加わりました。前泊を含め3日間、今日は #kakigoori 仕込みを頑張って明日からのかき氷営業再開に備えます。
審査は出品数こそ89点と多くありませんが、いわゆるセットものが多く含まれ、疲れました。
結果は、主催者の財団法人世界緑茶協会のホームページをはじめ『静岡新聞』、『中日新聞』(静岡版)等に掲載されます。
また、今秋開催の世界お茶まつりで展示されます。

|

2010年4月20日 (火)

昨日お茶畑を見てきました。

すでにみなさまもご存じのように、何度となく訪れる寒波のためお茶の収穫の遅れが心配されます。昨日、静岡での仕事に兼ねて「百聞は一見にしかず」とお茶畑を見てきました。

Pa0_0128

Pa0_0130


Pa0_0126


このように、早場所(温暖な地域)で寒さの影響が少なかったところでは、ハサミ(機械)刈りの畑でも収穫目前の状況です。さらに温かい御前崎方面では良質な新茶の収穫が始まっています。
下の写真は、同様に早場所でありながら被害を受けたところです。成長にむらが出ています。しかしながらこのような状況でも日頃の行き届いた管理が伺えるお茶畑、さすが日本一のお茶産地です。
また、山間部、たとえば大井川流域の旧中川根町から下はほぼこの画像と同じくらいでした。今はゆっくりと推移していますが、5月の連休明けには「山も里もいっしょ」という超短期集中型になりそうです。

当店では、今年も変わらずじっくりと腰を据えて良いお茶を仕入れて参ります。

今しばらくお待ちください。

Pa0_0156

Pa0_0173

Pa0_0146


Pa0_0162


Pa0_0143

Pa0_0166_2

続きを読む "昨日お茶畑を見てきました。"

|

2010年3月24日 (水)

【新茶情報】お茶畑ナウ

【新茶情報】お茶畑ナウ
「ゆたかみどり」(品種)の茶畑
【新茶情報】お茶畑ナウ
「おおいわせ」(品種)の茶畑
【新茶情報】お茶畑ナウ
「やぶきた」(品種)の茶畑

静岡県藤枝市の茶問屋さんが、お茶畑の画像を送ってくれました。
画像の品種は、上から順に「ゆたかみどり」、「おおいわせ」、「やぶきた」です。

問屋さんからのコメントです。「今年は雨が本当に多いですね。今のところ順調に茶園の方はきています」

いつもありがとうございます!

農家さんのコメントです。(画像も同氏提供)

こんにちは、いよいよ一番茶の芽も早生のゆたかみどりから、大井早生、やぶ北と芽を吹き始めました。
今年は茶の芽ぶきが例年よりとても早く、昨年より4日ほど早く推移しています。
また、今月に入り、雨がとても多く13日も降っています。
この時期としては、ちょっと降りすぎ?
でもよく肥料を吸って、よりおいしいお茶に為るはずです。

とのことです。ありがとうございます。

今週末は冷え込むとの予報のようですが、お茶農家のみなさま、くれぐれも防霜ファンなど設備の点検・整備をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 3日 (土)

焼津と言えば!

Ca3c0284
焼津さかなセンターですが!
Ca3c0290
津波注意報が出ていたのに…焼津市の漁協が経営する「小川港魚河岸食堂」に昼飯を食べに行きました!
ドライブインと従業員食堂を足して2で割ったようなお店です。広いと言うか、深いです。
平日ですが、ちょうどお昼時(営業時間は7:00〜14:00)でほぼ満員で活気がありました。
Ca3c0289
入って正面に自動販売機、右の壁にメニューを兼ねたカラフルな料理の写真、左の壁には料理の番付表があります。丼ものの「大関」が「まぐろ丼」800円!好感が持てます!
Ca3c0286
せっかくなので「関脇」の「まぐろ中トロ丼」1,600円に決め自動販売機で食券を購入したものの勝手が分からずトロトロ?ウロウロ!
どうも料理受け渡しのカウンターで食券を渡すみたいです。
私「食券はここに出すんですか?」
おばさん「そうだけど、ちょっと待ってて!」と忙しそう、
ちょっとしておばさん「ご飯は、お酢のご飯?!温かいご飯?!」
私「…?お酢でお願いします」
おばさん「2番カウンターから出るからね!」
私「…」

勢いに圧倒されてしまいました。さすが魚河岸食堂!

ところで、料理の画像が食べかけで失礼しました!
勢いあまって先に食べてしまいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第39回東京都優良茶品評会その2

Ca3c0257
9月29日・30日、静岡に行きました。
第39回東京都優良茶品評会入札販売会で落札した入賞茶10点(195kg)、出品茶2点(14kg)を合組して例年通り三種類の製品100g2,100円、同1,575円、90g1,050円にしました。
いずれも深蒸し系(当店の定番の深蒸し茶は比較的粉っぽく無いのですが、更に形のあるお茶です)で、新鮮で爽やかな風味と鮮緑色に出て見た目もおいしそうなお茶です。
2,100円は高級茶に相応しく穏やかでバランスのとれた味わいです。
1,575円は新鮮さの中にやや強めの火入れによる香ばしい風味が特徴です。
1,050円は食中・後のお茶としても負けないしっかりした風味を持ちながら、上品でまろやかな後味のお茶です。とくにオススメの一品です。
近日、店頭・インターネット共に販売開始いたします。

Ca3c0260
お茶の花が満開です。清楚でいかにも「茶花」ですが、いささかならず厄介ものです。
雨が少なかったからでしょうか?花が咲くのは樹勢が弱っているからと言われ、また落花が葉の上で腐ると茶樹の病気の原因になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

第39回東京都優良茶品評会

Img_0004s_2
本日、第39回東京都優良茶品評会入札販売会が開催されました。
当店では大山拓朗(弟)が参加し、入賞茶10点(全入賞茶86点中の11%に相当)を落札しました。(昨年は入賞・出品茶で18点の落札でしたので、今年はやや少なくなりました)
茶師十段之茶「東京都優良茶品評会入賞・出品茶」バージョンの販売開始10月初旬の予定です。
製品化は、拓朗のレシピに従い泰成(兄)が静岡の取引先工場で合組(ブレンド:同品評会入賞・出品茶以外は使用しません)の後、袋詰め加工します。
入札の際は、合組の完成形を意識し、お茶の品質と価格に加えそれぞれの特徴と相性までも考慮します。つまり入札が終わった時点でレシピが完成しているわけです。
それができるのは、当品評会のユニークな入札方式によります。午前は偶数番号、午後は奇数番号の入札が行われ午前中の結果を参考に午後の入札ができます。また、見本を自由に拝見(飲むことも可能)できます。
※入札参加者は東京都茶協同組合員に限られます。

現在、話題の「かき氷」に追われ、9月27日の営業終了まで静岡へ出張できません。作業はそれ以降となります。また恒例の低温熟成「沢の蔵」も同様に販売開始10月初旬となります。
お待たせして申し訳ございません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

お茶農家との連携

Img20090914001
『中日新聞』静岡版、2009年8月14日朝刊
当店にとって「お茶産地」は単に商品を仕入れる場所ではありません。
お茶栽培農家との交流を大切にし、消費地のお客様の声をお伝えする努力を続けています。

続きを読む "お茶農家との連携"

| | コメント (0) | トラックバック (0)